読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Envisioning a Sustainable World

イギリス・エディンバラ大学院留学(2016年秋~)の日常を綴ります。

期末試験1日目

1学期の総決算となる期末試験がやってきた。期末試験は土日を挟んで3日間続き、今晩そのうちの1日目を終えてきたので、感想を記そうと思う。

試験のシステム面で、日本の大学での試験と比べて興味深いと感じる2点があった。

1.採点時の匿名性が徹底されている

こちらの試験では、答案用紙に名前を書かない。ではどうやって成績をつけるのかと言うと、あらかじめ各人に試験専用の番号(B123456など)が割り振られており、この番号を答案用紙に書くことになる。本物の名前も答案用紙の一部に書かされるのだが、個人情報保護シールのようなもので保護して外からわからないようにしているため、採点者はどの答案がどの人のものかという判定ができない仕組みになっている。

ここまで徹底して情実を排除しているのは興味深い。一方で、何が大学をそこまで匿名性にこだわらせているのかは良くわからない。過去に不正があった対策なのか、それとも伝統的なシステムなのか・・・。初めてこちらの試験を受ける僕は、いきなり答案用紙にペトペトシールを貼るよう指示されて面食らった。周りの学生の手慣れた行動をチラ診しながらやったが、あの慣れ様から推測すると、少なくともイギリスでは一般的なシステムなのか。(クラスメートの大半はイギリス出身)

2.ほとんどの科目の過去問が大学のサイトにアップされている

日本の大学の試験の過去問は、先生によってアップしていたりしていなかったりまちまちだと思う(少なくとも僕の大学はそうだった)。なので日本の学生が試験勉強をしようと思ったら、有志学生が集めた過去問を使って勉強したり、それが無ければ過去の授業のスライドとかノートを勉強したりすることが試験勉強の中心になるのではないかと思う。しかし、エディンバラ大学は大学の授業も大学院の授業も全て、原則として過去問が大学の公式サイトにアップされている。その上、授業によっては模範解答も配布される場合がある。なので学生が「何が出るかわからない」という状態で実力を測るのではなく、「こういう問題が出る」と明らかにされた状態で理解の程度を測ることに重きが置かれていると言えるだろう。

さて今回の試験は、5問中2問に回答するエッセイ形式の試験で、2時間で2問の論述を行うものだった。2時間の間、手が痙攣するくらいまでゴリゴリ書くことになる。その場でバーッと書くライティング力が乏しい僕にとっては大変厳しいものだ。今の僕では、1時間で書ける最大の文章量はB5ノート4ページくらいであり、ネイティブなら倍くらい書けるだろうが、これでは絶対的な議論の分量が不足してしまう(言いたいことの半分くらいしか言えない状態で終わる)ので、高い得点を求めることはとてもできそうにない。なので過去問を基に素早く書きあげる練習するしか方法はないのだが・・・

今回の試験では、重点的に対策をした3問は外れて、ちょろっと対策した2問が的中する結果となった。もっと対策をしておけば良かったと後悔することも先立たず、1問は何とか書き上げられたものの、もう1問はかなり議論の内容が薄い状態でタイムアップとなってしまった。今更仕方ないが、やはりもっと過去問を解きまくる訓練を積んでおいた方が良かったことは間違いない。

さて、明後日に控える試験に向けて再び勉強しなければならない。エディンバラの美しいイルミネーションを横目に見つつ、僕は今日も机に向かうのであった。

 

f:id:fanmarlen:20161214035730j:plain

f:id:fanmarlen:20161214035736j:plain